夜盲症(とり目)

 夜盲症は、暗い場所の弱い光を感じる能力(暗順応)が低下するか、または消失する病気です。俗にとり目とも呼ばれています。この病気には、先天性のものと後天性のものとがあります。先天性夜盲症には次のような病気がありますが、これらの夜盲症に対する治療はよく分かっていません。

 狭義先天停止性夜盲症
 網膜のうちの杆状体(弱い光を感ずる視細胞)のある部分の機能が欠けているきわめてまれな病気です。視野、色覚には異常がみられません。

 小口病
 暗順応の起こり方が非常に遅くなる遺伝性の病気です。ふつう明るいところでは、視力、視野、色覚などには異常は起こりません。

スポンサードリンク

 顕微鏡で調べると、眼底は汚い金ぱくのような色調を帯び、血管は赤黒く細くなって周辺部まで見えます。しかし、暗室に長い時間いると、この色調はすっかり消え、正常と変わりなくなります。比較的まれな病気です。

 先天性夜盲性眼底白点症
 ある程度まで進むと停止するもので、夜盲の程度は生涯変わりません。眼底には、特異な小白色斑点が散らばっているのが認められます。

 白点状網膜炎
 徐々に進行する夜盲症です。先天性夜盲性白点症と同じように、眼底に特異な小さな白色斑点が認められます。