食道がん

食道がんの症状

 食道がんは、食道の内腔をおおう粘膜から発生したがん細胞によっておかされる病気で、他のがんと同様に、発生した場所を中心に限りなく大きくなります。またそこから離れた他の場所へも転移を起こし、ほうっておけない病気です。

 また、胸の中にあって、まわりに心臓、器官、肺、大血管などが囲んでいる食道のがんは医学が進歩した今日でも、どのがんよりも厄介なもののひとつです。

 食道がんは胸部食道にできやすく、その中でも中央のやや下の部分によく発生します。次いで多いのが腹部食道で、ここには胃の入り口付近にできた噴門がんが浸潤してくる場合も多いので、本来の腹部食道がんとあわせて、下部食道噴門がんと総称しています。頚部食道がんは比較的珍しいものです。

スポンサードリンク

★ 原因
 他のがんと同様に、食道がんもはっきりした原因は分かっていませんが、統計的に見て、かかりやすい要素や誘因が考えられており、いくつかの条件が重なって初めて発生するのではないかと想像されています。たとえば、「遺伝的体質」+「組織の老化」+「反復する刺激か、なおりにくい傷」+「現在未知の動機」といった一連の積み重なりです。

 これを食道がんに当てはめてみると、まず、親兄弟にがんが多い人は、そうでない人よりかかる危険性が多く、つまり体質が遺伝するといえます。次に「組織の老化」という点では、食道がんにかかる人は高齢者に多く、胃がんは45~55歳が最もかかりやすいのに、食道がんでは55歳以上に多いということです。55歳を過ぎると組織は急速に老化するので、食道がんの発生とことに関係が深いと言えるでしょう。
 
 「反復する刺激」ということでよく言われるのは、強い酒、熱い飲食物を長年好んで取り続けた人が危ないということです。以上の要素にもう一つ現在未知の、ある原因が発がんの引き金を引くと、食道がんが発生すると考えられます。しかし、周りにがんの気のない、比較的若い、酒も飲まないような人でも結構食道がんにかかっています。したがって危険性の多い人は、より注意しなければなりませんがそうでない人も安心という先入観を持ってはなりません。