斜視(やぶにらみ・寄り目)

 正常な人では物を見るときに、両方の目が正しく目標に向かっています。これに対して、片方の目が目標を正しくみているのに、他方の目が目標に向かないで、内側や外側に見いている状態を斜視といいます。

● 特徴
 一般には斜視は、片方の目は正しく目標を向いているはずで、両眼とも斜視の場合はまれです。しかし目標を見ている目が左右交替して、左目がまっすぐで右目が寄っている時があるかと思うと、また、その逆のこともあるというような斜視を交替制斜視と呼んでいます。

 なお片方の目だけに斜視がある場合には、弱視の起こる心配もあります。いずれにしても、斜視は見かけの目つきが悪いだけでなく、両眼視という大切な機能が失われている点が問題です。

スポンサードリンク

 両眼視というのは、あるものを両眼で見るときに、おのおのの目に映った像が大脳に伝わりそこで合成されて一つの像になる働きをいいますが、この働きで、はじめて立体感や遠近感が得られるものです。ですから斜視治療は目の位置をなおして見かけをよくするだけでなく、両眼視を得られるようにすることに重点が置かれます。

 成長してからでは両眼視を得ることが困難な場合が多いので、子供のうちに治療することが大切です。

● 症状
 斜視がひどいときには見てすぐにわかります。視線のずれている目がどちらに向いているかより、内斜視、外斜視、上斜視、下斜視などに分けられます。

 これらのうちで最も多いのは内斜視と外斜視で、内斜視は子供に多く、外斜視は成人に多いといわれています。また時には、内斜視や外斜視に上下の斜視が合併していて、治療を困難にするものもあります。

 このほか、見かけがいかにも斜視のように見える偽斜視と呼ばれるものもあります。これはまぶたの格好や、眼球の角膜との関係から斜視のように見えるもので、治療の必要はありません。

● 起こり方と経過
 斜視を治療する場合には、斜視の起こり方や経過を知っておくことが大切です。したがって、だいたい病院では斜視の経過について、
いつごろ斜視に気づいたか
原因や誘因らしきものはないか
斜視になったりなおったりするか
斜視なる目は交替するか、片方だけに起こるか
どんな時にひどくなるか
などを質問するのがふつうです。

スポンサードリンク

 生まれたときからの斜視であるのと、2~3歳で斜視になるのとでは、治療の結果に差があります。

 両眼視は生後6か月ごろより発育しはじめ、3~6歳でほぼ完成するといわれていますから、斜視になる年齢が早ければ早いほど、両眼でのものの見え方が正常に発育しにくくなります。

 なぜ斜視が起こるのかは、よく分かっていませんが、高熱、異常分娩、長期の眼帯の使用、遠視などが誘因になります。