声帯炎

 風邪や声の使い過ぎ、酒やたばこの飲み過ぎなどで、のどが痛んだり、声がかれたりする急性声帯炎と、その際、養生をおこたるとか、放置して、同じ症状を繰り返しているうちに起こる慢性声帯炎とがあります。

 このほか、声帯炎の特殊なものにジフテリア、結核、梅毒などによるものがあり、また、症状が長引くときはがんの疑いも起こりますから、専門医の診断が必要です。

 急性声帯炎
 怒鳴ったり、歌い過ぎたりしたあと、のどが痛み、声がかれたりします。

スポンサードリンク

 風邪が原因の場合、鼻、扁桃腺、気管、気管支炎などもおかされ、熱が出て体がだるくなります。声帯は赤くはれて厚くなったり、青白くむくむこともあります。しわがれ声になるとともに、軽い場合でも細い声が出なくなります。

 炎症が表面の粘膜から筋層に及ぶと、声帯筋まひが起こり、発声の時に両方の声帯間にすき間ができて空気が漏れ、声がよけいにかすれます。

 慢性声帯炎
 風邪が治らないうちに声を使い過ぎたり、せきが出るのにたばこを吸う人、また職業上、どうしても声を使わなければならない人(声楽家や俳優、外交、営業、販売などを仕事にしている人)は、慢性声帯炎になりがちです。

 慢性の声帯炎になると、声帯は厚くかたくなり、ふちに小さいいぼ(結節)やポリープができます。また、声帯表面に分泌物がつき、乾いてかさぶたをつくることもあり、せき払いをするとこれが取れて、突然声が出たりします。

 何か物が引っかかっている感じ(異物感)がするので、それを取ろううとして絶えずせき払いをしていると、摩擦刺激のため、かえって悪くなり、異物感が一層強まってしまいます。

 慢性委縮性声帯炎では、声帯は白くやせ細り、両声帯間に紡錘形のすき間ができて、声がかすれます。