さかさまつ毛

 正常なまつ毛は、まぶたのふちから外にむっかているものですが、まつ毛の先が眼球に向かい、黒目(角膜)や白目(球結膜)にさわる状態を逆さまつ毛といいます。まつ毛の配分が不ぞろいで、一部のものが角膜に向かっているもの(睫毛乱生症)と、まぶたそのものが内方に弯曲し、まつ毛が角膜に向かっているもの(眼瞼内反症)とがあります。

 角膜にたくさんの小さな傷をつくり、異物感や流涙を起こします。原因は、トラコーマの瘢痕による場合や老人性の皮膚のたるみによるものなどがあります。赤ちゃんのようにほほが太って盛り上がるために、下まぶたのふちが圧迫されて起こることもあります。

スポンサードリンク

 治療は対症療法として、角膜保護のため点眼薬を使うほか、一時的に一部のまつ毛を抜去したりしますが、根治的には手術を行います。

 赤ちゃんの場合は、軽度ならば成長するにつれてなおるのがほとんどですから、手術を急ぐ必要はありません。医師の指示に従ってください。

 さかさまつ毛は、上まぶたにも下まぶたにも、また両眼性にも起こります。赤ちゃんでは鼻側に起こるのがふつうです。眼科では、ポピュラーな病気の一つです。