緑内障

先天性緑内障(牛眼)単性緑内障炎性緑内障続発性緑内障、ステロイド緑内障

 正常の眼球は、眼球の壁をつくっている強膜や角膜の弾力と眼球の内容、特にその中の液体の充満状態によって、一定の形とかたさを保っています。この眼圧は、何らかの原因で上昇することがあります。

 この眼圧の上昇によって、一時的または永久的に視機能に障害が起こる病気を緑内障といいます。

 この病気にかかりやすい人は、性別では男性に多く、年齢的には高齢者に多くみられ、40歳以上の人の失明の大きな原因になっています。

スポンサードリンク

● 眼圧
 眼球の前眼房と後眼房を満たしている液(房水という)は、主として毛様体から後眼房内に送り出され、ひとみを通過して、前眼房にたまります。

 さらにここから黒目と白目の境にある隅角海綿質と呼ばれるもののすき間を通って強膜の血管中に流されます。

 この房水の循環がスムーズに行われているときは、眼球内部は一定の眼圧を保っていることができますが、この循環経路のどこかに障害が起こると、房水量が多くなったり、少なくなったりし、それに伴ってかたくなったり柔らかくなったりします。

 どこかで房水の流出障害がおこったり、また炎症のために房水が異常に多くなると眼球内に房水がうっ滞し、眼球はかたくなります。すなわち眼圧が高い状態になります。
 
 健康な人でも、一日のうちには、眼圧の変動がみられます。これを生理的日差といいます。

スポンサードリンク

● 緑内障の種類
 緑内障には原発性のものと、続発性のものとがあります。原因が不明なものを原発性緑内障といい、これに対して目にほかの病気があって、それが誘因となって起こるものを続発性緑内障といいます。

 原発性緑内障には、先天性緑内障(牛眼)、眼圧上昇が徐々におこる単性緑内障、眼圧上昇が急激の起こる炎性緑内障があります。さらに炎性緑内障はその起こり方が急であるかどうかで、急性と慢性の区別があります。

 緑内障が進行し、炎症性の所見がみられないで、眼圧が高いまま視力もなくなり、腫々の合併症を起こしている末期のものを、絶対緑内障といいます。