先天性緑内障(牛眼)

 生まれつきのもので、発生頻度は低いのですが、失明率が高いので早期発見、早期治療が必要な病気です。

 生まれつき房水の逃げ道にあたる部分の発育が悪いために起こります。房水の排泄が障害されて眼圧が高くなり、弾力性に富んだ角膜や強膜が伸びきって黒目が大きくなったり、濁ったりします。しかしひとみが拡散することはありません。

 この病気を放置しておくと、視神経が圧迫されて失明してしまいますから、早く見つけて治療を受けることが大切です。

スポンサードリンク

 乳児がまぶしがったり、まぶたをぴくぴくさせたり、また黒目が大き過ぎたり、濁っていたりしているのを発見したときには、放置しないで、すぐ眼科医に診てもらう必要があります。

 このような症状は、両目にあらわれることが多いものです。同一血族内に発病することが多いので、家族の誰かが発病した場合には、他の家族も注意して観察する必要があります。