老視(老眼)

 年齢とともに近くのものが見えにくくなり、明視距離(焦点距離)が遠ざかる状態を老視といいます。

● 調節力の老化
 人の目は水晶体(カメラではレンズにあたる)と、毛様体(カメラではピントを合わせる部分にあたる)の働きで、近くのものから遠くのものまではっきり見えるようになっています。

 この働きをレンズの度、すなわちD(ジオプトリー)であらわしたものを調節力といいます。

 たとえば、ある正規の人が、10㌢(0.1㍍)の距離まではっきりと見えてた場合に、これをレンズの度であらわすと、10Dの調節力を持っていることになります。

 すなわち、正規では明視距離の逆数がその人の調節力になるわけです。屈折異常では、これに屈折異常度を加えたものになるわけです。

スポンサードリンク

 水晶体の弾力性は年を取るにしたがい弱まり、このため調節力も衰えてきます。老視(または老眼)というのは、この調節筋の衰えであるわけです。水晶体の弾力は、生まれてすぐから衰えはじめ、40歳の人では約4Dの調節力になってしまいます。

 45歳以上になると、調節力は3D以下になりますますから、正視の人では、どんなに努力しても30㌢近づけては細かい字は読めなくなります。これが老視の始まりです。こうなれば、老眼鏡なしには、目を近づけて行う作業は困難になります。

 今45歳の人が老眼鏡をつくるとすると、この人の調節力は3Dですから、眼前33㌢のところまでしか明視することはできません。そこで(+)1Dのレンズを補ってやると、全体で4Dになり、眼前25㌢まで見えることになります。

 近視の人は一般に老眼になるのが遅く、(-)3Dか(-)4D以上の近視では、一生老眼鏡がいらないことになります。反対に、遠視の人は老眼になるのが早く、40歳前に老眼鏡を必要とする場合が多くみられます。
 【D(ジオプトリー)=焦点距離(m)分の1】

スポンサードリンク

● 老眼の注意点
 老眼鏡をかけると度が進むと考えて、むりにメガネをかけない人がいます。調節力のない目に無理な負担をかけて、目の疲れや頭痛を引き起こすよりは、早く適当なメガネをかけるようにすべきです。

 また、他人の古くなったメガネを使用している人がいますが、40歳ごろになって目がかすんだり、疲れたりするのを簡単に老視のせいにするのは危険です。ほかに目の病気がないかどうか、一度は眼科に行って、精密検査を受けたほうが良いでしょう。