乱視

 乱視は、一般に角膜の表面、ときに水晶体の表面が正しい球面になっていないために、あるいは、角膜と水晶体の中心がずれているために、外界の一点から出る光線が網膜上に一点として結像しないような状態をいいます。

 一般にだれでも多少の乱視はあるものですが、程度がひどくなると、目の調節にとっても、凸レンズや凹レンズによっても物をはっきりと見ることができないで、眼痛、頭痛、頭重感、疲れなどのいわゆる眼精疲労のような症状を訴えます。

● 乱視の種類
 乱視には、正乱視と不正乱視に区別されています。
 正乱視は、角膜が上下または左右、あるいは斜めから圧迫されたような形になって、眼球の経線によって屈折力が異なり、円柱レンズと呼ばれるレンズで矯正されるものをいいます。このような乱視は、程度の差はありますが、ほとんどの人にあるようです。

スポンサードリンク

 不正乱視は、角膜瘢痕、トラコーマ、円錐角膜、角膜潰瘍などの角膜の病気が原因になることが多く、病気後、角膜表面が凹凸不正になっているため、レンズでは矯正できない乱視です。ふつうコンタクトレンズをかけるとかなり視力が得られます。

● 乱視とメガネ
 乱視のメガネは、いずれの方向の屈折度も同じであるふつうの凸レンズや凹レンズでは矯正できません。したがって、円柱レンズという、一方向のみにレンズ作用のある特殊レンズを用いなければなりません。

 角膜が不均一で、でこぼこになって起こる不正乱視は、メガネでは矯正できませんから、どうしてもコンタクトレンズによるほかはありません。