膿胸

 胸膜腔内に膿汁のたまった状態を膿胸といいます。膿胸の原因となる細菌の種類によって、結核性膿胸と非結核性膿胸とに分けられます。

 結核性膿胸は、結核性胸膜炎から移行することもありますが、多くは、肺の結核病巣が、胸膜腔に破れた場合や、胸膜穿刺、肺切除術などの合併症として起こります。

 非結核性膿胸は、肺炎球菌、ブドウ球菌、れんさ球菌、大腸菌などの細菌が、一種または二種以上感染して起こるもので、最も多いのは、肺炎や肺化膿症、気管支拡張症などに合併する場合です。

 肺炎が順調になおってきたように見えたあとに、悪寒(寒気)や震えを伴って発熱する場合には、膿胸の合併を疑ってみなければなりません。

スポンサードリンク

● 症状
 この病気の症状は、胸膜炎の症状に似ていますが、一般にそれよりもはげしく、全身の状態も悪くなりますから、経過も長引きます。

 症状は、原因となっている病気や細菌の種類によって異なりますが、一般に、高熱、胸痛、呼吸困難が見られます。時には発熱を見ないこともありますが、注意する点は常に脈拍数が多いことです。
 
 肺が破れて気管支との交通路(気管支ろう)ができると、多量の膿がたんとして吐き出されます。時には膿が健康な肺にも吸引されて、そこに新しい病巣を作ることもあります。