喉のしくみ

咽頭炎喉頭炎咽後膿瘍喉頭乳頭腫声帯炎声帯結節と声帯ポリープ声変わり扁桃肥大扁桃炎扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍

 のどは、鼻、口と気管、食道との間の部分をいいます。学問的には咽頭および喉頭といわれ、呼吸、えん下、発声などの働きをします。

 咽頭
 上は鼻腔、下は食道に続く漏斗状のものです。

 しくみ
 口の奥を見ると、口腔はしだいに狭くなります。この部分の上方は軟口蓋、その先端は口蓋垂で、左右に口蓋弓があります。

スポンサードリンク

 そのつけ根にくるみ様のものがみられるのが口蓋扁桃で、その奥は広くなり、中咽頭(口咽頭)といわれます。その上は軟口蓋の後ろに広がり上咽頭(鼻咽頭)、また下方に広がり下咽頭(喉咽頭)をつくります。上咽頭には耳管隆起や咽頭扁桃、下咽頭には舌根扁桃があります。

 咽頭粘膜の知覚は、主として舌咽神経および咽頭神経叢によって支配されますが、筋肉の運動は、主として迷走神経に支配されています。

 働き
 第一は空気の流通とえん下作用の調整です。呼吸の際、空気は咽頭、喉頭を通りますが、食物のえん下の際は、その働きが止まります。そして、口内の食物が食道へ入るように、咽頭の諸筋肉が調和的に働きます。また、扁桃は免疫体をつくったり、唾液小体をつくったりしています。

 喉頭
 咽頭に続く気管の一部で、発声器官があります。

 しくみ
 くびの前に見える、「のど笛」が咽頭で、咽頭の前下方につき、気管につながっています。全体は数個の軟骨、その他筋肉、じん帯、粘膜などから成りますが、結合組織や筋肉などで舌骨や頭蓋底諸骨と結び付けられ、その中央に声帯があります。

スポンサードリンク

 働き
 咽頭の主要な働きは発生です。声帯は、V字状に並ぶ二本の白い帯として認められますが、この左右の声帯が声帯筋の働きで密着したとき、強い呼吸がかかると声帯が振動し、咽頭原音が出ます。これが、咽腔、口腔、鼻腔などで共鳴、変調し、ことばになります。

 ふつう呼吸では声帯に開いていますが、異物が入ると、その刺激で咽頭全体が一度に強く収縮し、次いで強い呼出が行われます。これがせきです。ただしえん下では、最初から咽頭で収縮して、食物を入れないようにしています。