耳のしくみ

耳介の奇形、変形耳介血腫耳垢栓塞外耳道炎外耳道耳真菌症外耳道異物鼓膜の損傷中耳炎乳様突起炎耳管炎メニエール症候群耳なり乗り物酔い難聴

 耳は、外耳、中耳、内耳に分けることができます。声や音を聞く働きをするとともに、からだのバランス(平衡感覚)をつかさどる大切な器官です。

● 外耳
 外耳は、耳介(耳翼)と外耳道から成っています。

 耳介
 耳介は、大部分が柔らかい軟骨からできていて、動物ではかなり大きく、しかもこれを動かす筋肉によって動き、音を集める働きをします。

 しかし、人間の場合は、集音の働きは退化して、一種の装飾の役目をするだけと考えられます。体表から突き出ているため、寒いところでは、凍傷(しもやけ)などにかかりやすいところともいえます。

 外耳道
 耳の穴から鼓膜までの長さ約3.5㌢ほどの細長い管で、音の通路の働きをしています。この通路は入り口付近の部分が少し曲がっていること、そこに耳毛が生えていること、皮脂腺、耳垢線などがあって脂肪の多い分泌物を出すこと、などによって奥の方とは違っていますが、このため外からの異物はここで捕らえられ、耳の奥の方に入り込むことがむずかしいようになっています。

スポンサードリンク

 しかし毛根に感染を起こし、せつ(おでき・ねぶと)を生じやすいのもこの部分です。

● 中耳
 中耳は、鼓膜の内側の空間で、鼓室とも呼ばれ、中に耳小骨があります。

 鼓膜
 厚さ0.1㍉という極めて薄い膜ですが、比較的じょうぶで、なかなか破れません。音に対して非常に敏感で、音波に合わせて振動し、それを内方に伝えます。

 鼓膜にも血管が走っていますが、普段の状態では細くて見えません。しかし、中耳炎などになると血管が拡張して充血するために赤くなります。

 鼓膜に穴が開くと、聴力は落ちますが、たんに穴が開いたくらいでは、一般に心配するほど聞こえが悪くなることはありあせん。

 耳小骨
 中耳は小さな部屋ですがその天井には、米粒の半分ほどの大きさの骨が三つ連なってぶら下がっています。耳小骨は、それぞれの形状からつち骨、きぬた骨、あぶみ骨と呼ばれます。

 いちばん外側のつち骨は鼓膜にしっかりとつき、いちばん内側のあぶみ骨は内耳の窓(前庭窓)にゆるくはまっています。耳小骨は鼓膜と一緒に振動し、音を内耳に伝えます。

 耳管
 中耳から鼻咽腔(鼻のいちばん奥)へ管が通じています。この管を耳管といいます。耳管は時々開いて中耳の空気圧を外気圧と同じにし、鼓膜の内外両面の気圧にバランスを持たせる働きをしています。

スポンサードリンク

● 内耳
 内耳は、聴覚とともに平衡感覚に関係する部分です。かたつむりのような形をした器官(蝸牛)とこれに隣り合った前庭器官から成り、形が複雑なので迷路とも呼ばれています。

 蝸牛器官
 中耳から入ってきた音を感じ取ります。中には内耳液というリンパ液が充満し、その液体に面して聴神経の末端である聴細胞が順序よく並んでいます。中耳から音が伝わってくると、内耳液が振動し、それを聴細胞が捕らえて聴神経に伝えるのです。

 前庭器官
 三半期管と前庭という二つの器官が組み合わさったものです。三半期管は、細長いパイプを輪にしたような形をした三つの管がそれぞれ直角に交差しており、内部の液の動揺によって、からだの傾き具合や回転運動、あるいは動き始めや動き終わりなどの変化を感じ取ります。前庭器官を刺激すると、はげしいめまいが起こります。