屈折異常

 私たちが遠方をながめている時(無調節の状態)、遠方から来る平行線が正しく網膜に結像する場合、これを正視といいます。

 しかし屈折異常があると、遠方からの平行線が網膜上で正しく像を結ばないため、ものがぼやけて見えます。この屈折異常は、近視、遠視、乱視などに大別できます。

スポンサードリンク

 このような目の屈折状態を決定する要素には、角膜、水晶体の屈折力、前房の深さ、水晶体の厚さ、眼軸(眼球の直径)の長さなどがあります。

 このうち最も重要な要素は、角膜、水晶体の屈折力と眼軸の長さで、これらの三つの相互関係によって、正視、近視、遠視の区別が生じ、角膜のゆがみによって乱視が生じます。

 なお、老眼は調節力の低下によるもので、屈折異常ではありません。