耳介の奇形、変形

● 先天性耳瘻孔
 耳介やその付近の奇形で最も多いのは先天性耳瘻孔です。これは耳介の前のつけねに、ごく小さなくぼみがあり、そこから皮膚の下を細いトンネルがくぐっているものです。

 普段は何んともありませんが、トンネルの中が化膿すると、付近の皮膚が赤くはれて痛むことがあります。節(ねぶと)などと違い、吸引や切開だけでは一時的によくなるだけで、また化膿することがあります。皮膚の下のトンネルを完全に摘出しないと根治しません

スポンサードリンク

● 小耳症
 最もひどい奇形は小耳症です。これは耳介が非常に小さく、小指の先ぐらいの高まりがあるだけで、外耳道(耳の穴)もありません。もちろん難聴を伴っています。

 これが片方だけにあって、他方の耳が聞こえれば、美容のために義耳をあてるとよいでしょう。

 両耳にあると、高度の難聴があって一生不具合の生活を余儀なくされますので、手術を受ける必要があります。