咽頭炎

 咽頭の炎症による病気です。急性、慢性のほかに、特殊性咽頭炎があり、時には炎症が扁桃部分だけに限られていることもあります。

 急性咽頭炎
● 原因
 多くの場合、風邪をひくことが原因で、反射的に咽頭粘膜の血管が収縮あるいはまひを起こし、血液の流れが悪くなって、そこの粘膜抵抗が弱くなります。そのため、ウイルスや細菌の活動が活発になり、急性咽頭炎が起こります。

 ほかに、肉体的疲労や、精神的なストレス、睡眠不足などが原因になることがあります。

スポンサードリンク

● 症状
 初めは、鼻とのどの境目がかわいたり、痛んだりしますが、しだいに中咽頭の痛みになり、そのうち、ものを飲み込むときの痛み(えん下痛)などが起きてきます。口を開いて奥をみると、咽頭粘膜が赤くはれています。発熱もあり、39度を超えることもあります。

 扁桃炎では特に口蓋扁桃が赤くはれ、時にはその表面に白いこけがたくさんつくことがあります。病気が進むと、首のリンパ節が腫れたり、腎臓や心臓に影響を及ぼすことがあります。

● 治療
 病気のはじめは解熱剤を飲み、安静に床についていればなおることがありますが、ある程度病気が進行すると化学療法剤や抗生物質が使用されます。炎症をおこす菌の多くは、れんさ球菌、肺炎菌、インフルエンザ菌、あるいはアデノウイルスなどですが、これらの菌種に対し最も効果的な薬を感応試験という方法で決めることができます。

 慢性咽頭炎
 ふつうの慢性咽頭炎には、カタル性、肥厚性、委縮性、顆粒性などがあります。

 カタル性というのは、粘膜に軽度の炎症があり、滲出物が出やすい状態になったもので、粘膜表面に軽い発疹が認められます。

 肥厚性は、粘膜が全体に厚っぽく見え、委縮性の場合には粘膜は薄く、また乾燥して見えます。

 顆粒性というのは、咽頭の後壁や側壁に散在するリンパ濾胞が増殖して、粘膜の表面がぶつぶつして見えるものをいいます。

 原因にはまず体質があげられます。鼻に病気のある人も慢性咽頭炎にかかりやすいものです。特に、鼻の状態が悪く、しばしば咽頭炎を繰り返すうちに慢性になります。

スポンサードリンク

 症状としては咽頭の乾燥感、異物感、不快感、時には分泌物の増加感を訴え、重要疾患の存在が心配されることもあります。

 原因になる全身疾患や鼻の病気をなおさなければなりません。

 特殊性咽頭炎
 次の上・中・下咽頭炎はいままでのものと多少違います。

● 慢性上咽頭炎
 上咽頭炎は、慢性鼻炎や蓄膿症などの影響を最も強く受けます。したがって、ここだけに限局した咽頭炎が起こります。この場合、鼻の奥の痛みや、乾燥感、ときに頭痛などを訴えます。また、委縮性鼻炎のときに、しばしばその病変が上咽頭まで及んでくることがあります。幼少児のアデノイドでも同様です。

● 慢性中咽頭炎
 上咽頭炎から引き続いて起こることもあり、別のこともあります。アルコールの飲み過ぎやたばこの吸い過ぎ、あるいは、職業上特殊ガスを習慣的に吸引していることも原因になります。咽頭の粘膜は常に赤くはれ、咽頭部の異物感やせきがみられます。

● 慢性下咽頭炎
 上・中咽頭炎がおもな原因ですが、ビタミン欠乏や貧血などの時にも起こります。更年期の女性に多く、えん下困難や下咽頭に異物感などを訴えます。慢性下咽頭食道炎とも言われ、治療には、鉄分やビタミンB2の補給などをする必要があります。