飛蚊症(硝子体混濁)

 硝子体混濁は、眼球内の硝子体がさまざまの原因で混濁する病気です。硝子体混濁には、治療を必要としない生理的なものと、治療をしなければならない病的なものとがあります。

 生理的なものの原因はよく分かっていませんが、病的なものは、梅毒、結核、熱性病(感染症)などのよって起こるぶどう膜炎がおもな原因です。

 ぶどう膜炎を起こすと、ぶどう膜から滲出物や白血球などが硝子体の中に出て混濁の原因となります。このほか強度の近視、網膜剥離、老眼にもみられます。

 また急激に起こる硝子体出血のときには、血液が硝子体の中に充満し、急激に視力を失うことがあります。

スポンサードリンク

● 症状
 白い壁と青い空を見つめているときに、偶然髪の毛のようなもの、または水玉のようなものが動いているのに気づくことがあります。これを飛蚊症とも呼んでいますが、この程度のものは生理的なものです。

 もう少し症状が強く、飛び散るものが多くなると、視力が障害されてくるようになります。このような症状が出てくれば、もはや病的なものといえます。

 他覚的な検査でも、生理的なときには、原因となる混濁を硝子体の中にほとんど発見できないことが多いものですが、病的なものになると、必ず症状に合った混濁を発見できるようになるそうです。病的な硝子体混濁は、予後は必ずしも良くありません。したがって、このような症状に気づいたら、早目に病院で診察を受けることが大切です。

 生理的なものは、放置しておいてもさしつかえなく、気にしないことが治療にもなります。病的な硝子体混濁では、まず原因に対する治療を行います。