はやり目

 はやり目は伝染病の病気で、夏かぜのウイルスの一種アデノウイルスの感染で起こる結膜炎の一つです。ウイルスが感染して発病するまでに5~7日の潜伏期間があります。

 症状
 急に強い結膜の充血や腫脹(はれ)が起こり、多量に目やにが分泌し始めます。眼瞼結膜にはぶつぶつがあらわれ、やがて涙が出て、まぶしくて目が開けられないようになり、しばしば耳の前のリンパ腺がはれます。乳幼児では偽膜を伴います。

 1~2週間たつと症状は軽快しますが、角膜の表面に丸い水玉状の混濁が点状にあらわれてきます。この状態を点状表層角膜炎といい、軽い視力障害を起こします。

スポンサードリンク

 結膜炎は数週間でなおりますが、この角膜の混濁は数カ月から1年以上もかかって、ゆっくり消えていきます。

 予防
 この病気で最も大切なことは予防です。かかった人は、目には手を触れずに、洗面器、タオルなどを別にし、団体生活は急性期には休むのが原則です。家族やまわりにこのような人がいるときは、洗面器やタオルを区別するほか、手を何回も洗い流す必要があります。70%アルコールも有効です。