鼻のしくみ

鼻節(鼻のおでき)鼻前庭炎鼻炎蓄膿症鼻茸(はなたけ)アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)鼻中隔湾曲症鼻血(鼻出血)嗅覚障害

 鼻は、顔面の中央の外鼻、その内部の鼻腔、外鼻の両側と付け根に位置する副鼻腔の三つの部分からできています。

 外鼻
 外鼻とは、外から見える鼻のことで、まゆ毛の間(鼻根)から始まり、下に伸びて尖端(鼻尖)で終わります。鼻尖の下には左右一対の外鼻孔が開いています。

 左右に分けている壁は鼻中隔で、壁の付け根が上口唇の中央に走る溝(人中)をつくります。外鼻孔の両側のふくらみは鼻翼(こばな)と呼びます。

 外鼻の表面は皮膚でおおわれていて、鼻翼の付近の厚い皮膚の中には汗腺があるため、鼻も汗をかきます。顔の中でいちばん突き出ていて物にぶつかりやすい鼻尖部と鼻中隔は、軟骨でできていて弾力性があるので押されてもけがをしにくいのです。

スポンサードリンク

 鼻腔
 鼻腔とは、外鼻孔の内部の広い複雑な形をした洞腔です。この洞腔は奥で再び狭くなり、左右の後鼻孔という穴を通って、咽頭につながります。鼻腔は鼻中隔という壁で左右対称に分けられています。

 左右の鼻腔には、側壁から対称的に突き出した部分(鼻甲介)とその間の溝(鼻道)があります。

 鼻道は呼吸する空気を通したり、分泌液を流す大事なところで、下鼻道へは目から出た涙も流れて来ます。鼻腔の内面は粘液でうるおった粘膜でおおわれています。

 鼻腔の天井には粘液の色が少し変わった部分がありますが、これはにおいを感じる大切な部位です。

 副鼻腔
 副鼻腔とは、鼻腔の外側にある骨に囲まれた空洞で、左右両側に四つずつ対称にあります。いずれも鼻腔と細い通路でつながっていて、鼻腔の粘膜が通路から延びて空洞の内面をおおっています。

● 鼻の働き
 鼻には、①においを感じる、②呼吸の空気を通す、③声を共鳴させる、などの重要な働きがあります。鼻の天井の嗅部には嗅細胞というにおいを感じる細胞がたくさんあり、呼吸運動で吸い込まれる空気中のにおいの分子を嗅細胞にふれさせて、においを感じさせます。

 また鼻の粘膜に広く分布している三叉神経も、においを感じさせるために協力的に働いています。

スポンサードリンク

 外鼻孔から吸い込まれた空気は、狭くて凹凸の多い鼻腔内を通るときに、粘膜から分泌される粘液の湿気をじゅうぶんに含んで、体温に近い温度に暖められ、うるおった空気になって肺に送られます。

 また空気中のごみは、鼻毛や粘液に付着して捕らえられ、清潔になった空気が肺に吸い込ませるのです。

 また、人が声を出す時には、軟口蓋(口腔の後上部)が自由に動いて、発声のときに吐き出された空気の一部が鼻腔に入って共鳴を起こし、声によい響きを加えます。

 また鼻の奥を閉じて、空気が鼻の方へ抜けないようにして、カ行、タ行、パ行などをはっきり発音させます。このように鼻腔は口腔とともに、音声に共鳴を与え、声を美しくしたり、言葉をはっきりさせる大切な働きもしているのです。、