白内障(白そこひ)

 水晶体が濁る病気が白内障です。

 軽症の場合は、無自覚のこともありますし、まぶしいとか、ものが二重に見える程度ですが、重症のものでは、視力が低下して、ついには光しか見えなくなってしまい、外部からはひとみの所が白濁して目えます。

● 原因と症状
 この病気には、原因により先天性白内障、老人性白内障、糖尿病性白内障、併発白内障(ぶどう膜炎、緑内障、網膜色素変性症、硝子体出血などの病気に伴って発病する白内障)、外傷性白内障などに分けられます。

 先天性白内障
 先天性に、または生まれてまもなく水晶体に濁りが生ずる病気です。そのまま濁りが進行しないで一生終わるときと、濁りがしだいにひどくなるときとがあります。

スポンサードリンク

 濁りがひとみの周辺部にあったり、濁り方が軽度で光がじゅうぶんに眼底に達する場合は治療の必要はありませんが、濁り方がひどくて眼底に達する光の量が不十分のときは、早期に手術をして水晶体を除かなければなりません。

 先天性白内障では、小眼球(眼球がふつうより小さいもの)や眼球震盪(無意識に眼球が動くもの)などを伴う場合があります。このようなときには、手術をしても十分な視力が得られないことがあるようです。

 老人性白内障
 老人に起こる水晶体の濁りで、原因は不明です。時期は異なりますが、多くの場合、両眼に発生します。初期には、目の前に小さな虫状のものがちらつくように感じたり、目がかすんだりしますが、徐々に進行して、視力が低下してきます。

 しかしこの進行速度には個人差があって、人によっては白内障があっても日常生活には不便を感じないままで一生を終わることもあります。日常生活に不便を感じてきたときには、水晶体摘出手術を受ければ視力は回復します。

 糖尿病性白内障
 糖尿病にかかっていると、しばしば白内障を起こすそうです。比較的進行の早いもので、若い人もかかりやすい病気です。視力障害が強くなった場合には、水晶体摘出手術を行うそうですが、炎症や出血を起こしやすく、術後の経過が長引くこともあるようです。

 また糖尿病は網膜症も起こしやすいので、視力障害がこの網膜症によるときは、水晶体摘出術を行っても視力がじゅうぶんに回復しないそうです。

スポンサードリンク

 併発白内障
 虹彩毛様体炎にかかると水晶体の栄養が障害されて白内障になります。虹彩毛様体炎は硝子体混濁や網膜の変化を合併していることが多いので、水晶体を摘出しても、視力をじゅうぶんに回復させることは困難です。

 また緑内障、網膜色素変性症、硝子体出血などから起こった白内障も手術してもあまり良い結果は得られないようです。

 外傷性白内障
 打撲、刺傷、電撃傷などで起こる白内障です。ほかの合併症がないか、あるいは軽いときは水晶体摘出術で、かなり視力が得られます。