肺がん

肺がんの症状

 肺がんは、肺内に樹枝状に広がる気管支の壁の細胞からできるかたまりです。気管支壁の細胞が、がん細胞になると、急に分裂が増して、がんのかたまりが大きくまります。それが2~3センチの大きさになるまでに、2~7年かかると考えれられていますが、そのころがん細胞はリンパ管を流れ、または肺の血管に入って広がり始めます。

 がん細胞がリンパ節に来ると、そこでまたふえ、さらにその先のリンパ節へと広がります。この状態をリンパ節転移と呼んでいます。いっぽう、血液中に入ったがん細胞は全身を流れ、その多くは血液によって殺されますが、あるものは脳、骨、肝臓、腎臓など、肺から離れた臓器で増殖し、そこに植民地をつくります。これを血行性転移といい、おかされる範囲が広いほど全身の機能が衰え、ついには死亡するわけです。この肺がんが大きくなる程度や、転移の広がる速度は、がんの性質によって様々です。

 一口に肺がんといってもかなり性格の違う三つの型があって、それぞれ顕微鏡で見分けることができます。

 ① 扁平上皮がん
 肺がんのうち38%を占め、たばこ喫煙と密接な因果関係があります。

 ② 腺がん
 女性に多いもので、36%を占めています。喫煙との関係は少ないと考えられています。

スポンサードリンク

 ③ 未分化細胞がん
 肺がんの13.4%を占め、喫煙との関係は扁平上皮がんと同じく密接です。

 ● 原因
 がんの発生の原因は、まだ十分に分かってはいませんが、原因となる因子は一つではなく、二つあるいは三つの因子が重なってできるのだろうと考えられます。肺がんは、この理屈を説明するのに都合のよいがんです

 肺がんは、産声を上げてから息を引き取るまで呼吸を続けますから、長い年月の間に、外界からいろいろの物を吸いこみます。空気の汚れのひどい場所に住む人、職業的にチリの多い場所で働く人、たばこ喫煙を続ける人などは、気管支が長年の刺激を受けて細胞の形が変わります。

 これだけではがんになりませんが、その時の気管支の細胞の形はがん細胞に一歩近づいた形になります(上皮化生)。そのなかには、扁平上皮がんの混じるものも発見されていますので、大気汚染や職業汚染、あるいはたばこ喫煙が、肺がんの大きな因子になるものと考えられています。

 したがって、これらの三つの因子が重なる場合は、肺がん発生へのチャンスが多くなると考えても良いわけです。

スポンサードリンク

 ● どんな人に多いか
 年齢的には、40歳以上の人、特に50~60歳代の人に圧倒的に多くみられます。しかし、女性では40歳以下の人にも少なくありません。男と女の比は3対1ですから、男性に多いがんの一つといえましょう。

 たばこ喫煙と肺がんの間には明らかな関係がみられます。健康者は25万人のうちで、1日30本以上の喫煙者は男性で約4%、女性で0.1%にすぎませんが、肺がん患者を調べた結果では、その率がそれぞれ約22%、3%と急増します。