顔面麻痺(顔面神経まひ)

 顔面神経まひは、脳から出ている末梢神経の一つである顔面神経がまひして、顔の筋肉の運動がまひする病気です。

 顔面神経は脳から出て、頭蓋骨の外に出る時、耳下腺の中で多くの枝に分かれ、前額部、眼瞼部、口唇周囲、おとがい周囲、舌下部の諸筋肉に分布しています。したがって顔面神経がおかされるとその部分によっていろいろの症状が出てきます。

 原因
 最もひんぱんにみられるのは、寒冷にさらされたり、風邪ウイルス感染による突発性まひです。そのほか頭蓋底の病気(腫瘍、動脈りゅう、髄膜炎)、交通事故外傷などによる頭蓋底骨折、多発神経炎、耳下腺悪性腫瘍、らいなどでも起こります。

スポンサードリンク

 以上は顔面神経の末梢のまひですが、大脳の中で顔面神経に命令を下す中枢がおかされても、顔面神経がまひします。中枢まひのときは、大部分が脳内出血や脳梗塞によります。
 
 症状
 ふつうは片側のみ起こり、両側がまひすることはまれです。おかされた側の表情筋が弛緩すため、顔がゆがんだようになる、眼裂が広がる、鼻の下のみぞが消える、口角が下がる、目を閉じても完全に閉じないで白眼が出る、鼻先や口角が健康な方の側に引っ張られる、口笛を吹こうとしても空気がもれる、ものを食べると口角からこぼれる、などの症状があらわれます。

 顔面神経のおかされた部分によっては、患者の舌の前3分の2に味覚症状が起こります。