眼瞼下垂

 

スポンサードリンク

 上まぶたが下がって、目が大きく開かない病気です。これには片目だけに起こるものと、両目に起こるものがあります。原因は先天性のものが多く、ほかに上眼挙筋(まぶたを上にあげる筋肉)や、上瞼板筋の外傷などを原因とする神経まひによるもの、古いトラコーマの瘢痕によるもの、ヒステリー性のもの、筋無力症によるもの、老人性のものなどがあります。

 治療は、まず原因となっているものを取り除くことが第一です。筋や神経の活力を高める薬を使う場合が多いのですが、先天性のものや症状の固定した下垂に対しては、下垂手術を行います。片目だけを手術する場合には、一方の健康な目の大きさに合わせるように行います。