外耳道炎

 外耳道にできるおできのことで、ふつう外耳炎と呼ばれている病気です。耳かきやマッチ、ピンなどで外耳道をいじっているうちに小さな傷をつくり、そこへ水泳や入浴などで水が触れると、耳毛の毛根部にブドウ球菌などが入って化膿を起こします。

● 症状
 症状の第一は、はげしい耳痛です。この病気は、皮膚のおできと同じものですが、外耳道は特に知覚が鋭敏なので痛みもひどいのです。じっとしていても痛みますが、ものを噛んだり歩いたりすると耳に響いて痛み、耳介にさわるとひどく痛みます。

 痛みのために睡眠が妨げられることも珍しくありません。このため一般の人は重大な病気と考えがちですが、外耳道炎は手足のおできと同じように、もともと心配のいらない病気です。

 このほか、耳介の周囲まで赤くはれたり、化膿が進んでおできがつぶれ、耳だれが出るなどの症状がみられます。

スポンサードリンク

● 外耳道炎と急性中耳炎の見分け方
 耳痛をよく起こす病気に急性中耳炎があります。中耳炎は悪くすると慢性中耳炎になって、一生悩まされたり、難聴や聾を残し、それどころか、時には生命にも関係することさえあります。

 したがって、耳痛があったら、外耳道炎か中耳炎かを早く見極めることが大切です。

 耳珠(耳の穴の手前にある三角形をした高まり)を耳の穴に向かってそっと押しつける。
 耳介の上の方をつまんで、後ろへ引っ張り上げる。
 耳介の下方の垂れ下がった部分の後ろに指を入れて、耳介の下の付け根を上方(耳の穴の方)へ少し押し上げる、という三つを行えば、素人でも外耳道炎か急性中耳炎かのだいたいの区別が出来ます。

 この三つを行うと、外耳道炎ではひどく痛みますが、中耳炎ではそれほどでもありません。

 また、外耳道炎では耳の穴に赤くはれているところが見えたり、炎症がひどく、耳介の周囲まではれていることがありますが、外耳道節では難聴がなく、中耳炎では、多少とも難聴があります。