遠視

 外界からの平行光線が、網膜の後方でやっと焦点を結ぶような目で、ものがぼやけて見える状態をいいます。この場合には、屈折力に比較して眼軸が短いわけです。したがって、遠視の矯正には凸レンズを用いて目のレンズ系の焦点距離を短くして、網膜上に焦点を結ぶようにします。

 若い人の遠視
 弱いい遠視はもちろんのこと、中等以上の遠視でも、若い人の場合には水晶体をふくらませたり、扁平にしたりする調筋力がじゅうぶんにあるので、遠近いずれの目標も正規のときと変わりなくはっきり見ることができます。

 たとえば重度の遠視であっても、若い人ならば、水晶体をじゅうぶんに調整する力があるので、それに合せた凸レンズをかけなくても、網膜上に結像させることができます。

 しかし常に正常以上の調節力を働かせているので、目が疲れたり、頭痛の原因となったりします(調節性眼精疲労)。また早く老視になりやすくなります。このような状態のときには、メガネをかけて少しでも楽にする方が良いでしょう。

スポンサードリンク

 成人の遠視
 おとなで遠視の人は、正視の人に比べて老視になる時期が早いものです。これは、近点(ものが見える一番近くの点)が正視の人よりも遠くにあるためです。若い人よりも調節力が落ちていますから、やはり早めにメガネをかけるべきでしょう。

 子供の遠視
 新生児の目は一般に小さく、屈折力に比べて眼軸は短いものです。しかし成長するにつれて眼球も大きくなり、眼軸も延長して多くは正視になります。

 しかし強度の遠視のときは、内斜視や弱視を起こす原因となることがあり、また眼球自体の発育も悪く、視力も一般に不良なものが多いので、検診などで遠視と指摘されたら、専門医を訪れて以後の方針について指導を受ける必要があります。場合によっては乳幼児期からメガネを必要とすることもあります。